一篇小解说稿

作者:www.3410.com

       一直以来《混沌武士》给我的感觉都是帅气潇洒,直到23话《一球入魂》,这集依旧是没心没肺无厘头的搞笑,但是一曲《Aruarian Dance 4:10》深深地震撼到我。
    这首歌收录在《Departure》中,封面是一只壁虎抬头仰望一轮明月。因此,第一次听这首歌就感受到一种朦胧的感伤。是这个动画独有的感觉,就像风对仁、无幻那种又似爱情又似亲情的感伤,说不清但是很不舍。这是适合午夜一个人听的音乐,没想到却出现在23话的16分56秒。
    如果让我给23话贴标签,我一定会选择“搞笑”“体育”“爱国(或者护国)”这样的字眼,绝对与《Aruarian Dance 4:10》那种莫名的感伤无关。但是随着投手步入球场摇摇晃晃的背影音乐缓缓响起,一切竟是那么相得益彰。
    16:56 日本对美国,只有一个投手一个一垒手;
    17:13 无幻的吼叫,奋起直追;
    17:37 随着棒球一起刺入投手的木块;
    17:46 投手倒地,音乐戛然而止。
    不知道为什么就想说这是东方人在用全身心抵御西方的入侵,不是出于对棒球的热爱,是对祖国的爱,让投手不能放弃。也只有这样的音乐才适合这种爱国者——那时洋人还只是难以引起注意的外来物种,只有小部分人意识到潜在的危机。这是一种独在月夜下无人问津的感伤吧。这类爱国者在中国有魏源、林则徐。是在浓浓黑夜中守护月亮的古树,陈旧拥有一颗赤胆忠心,最终还是无力抵抗,所以让人心痛到哭不出来。
    继而就想起了aph中本田菊和王耀在西方侵入东方前的聊天,那时天上也有一轮明月。不知身为国家的二位是否也感到孤独无助?

很多年前看的一个动画,后来又陆陆续续重温过好几回,最近又拿出来看,得到一些不同于过去的感受。
可能是因为我自己开始旅日,所以有了“实地”的感受后,突然对这样一部公路片产生了进一步一探究竟的好奇心,好比以前只关注剧情本身,现在会根据情节里的线索仔细推敲这一条行走的路线,从江户到长崎,日本最东边到日本最西边呵。

不过仍然是日文……

ps.《黑塔利亚》王耀与本田
       《Aruarian Dance 4:10》
   
                                                    以上(^o^)/

说起来第一次去日本就选择了长崎,为什么要去,已经说过了,就是因为《混沌武士》这部动画片,导致我在一片无头绪中不假思索地决定了一个目的地,要去长崎看看,于是去了平户、长崎以及岛原,都是动画里三人曾经经过的地方。
日本最西端的车站——田平平户口,以前曾经是一个渡口,风似乎就是在这里丢下了一盒长崎蛋糕,撇开无幻与仁,独自踏上了最后的旅程。

サムライチャンプルーの紹介

坐在白色的海鸥号特快列车上,车窗外是蓝得发亮的有明海,列车经过弯道时,窗外的大海扑面而来,一下把我的思绪搞得很空旷,蓝色无限蔓延,车厢里空落落的,我挪了个座位,把脸贴在车窗上,满心想着,我要来长崎了,那里会是什么样子的。

by yakumo

甚至我都想好了,如果被问及为什么要一个人来长崎,我一定要模仿风的口吻说,为了来寻找向日葵武士~~对方怕是一脸懵逼。

◎ サムライチャンプルーとは
   
『サムライチャンプルー』は、日本のテレビアニメ、及びこれを原作とする漫画である。名作『カウボーイビバップ』(COWBOY BEBOP)を作った監督、渡辺信一郎が2004年の新作、時代劇である。本作は、チャンプルーの名前通り、時代考証とは無縁で、面白ければ何でもありだった。例えばデパートやモデルといったカタカナ英語や、現代風な言葉使い、ヒューマンビートボックスが登場するなど設定は一見無茶苦茶である。だがこのギャップが逆に面白く、雰囲気を壊すほどでもないため新鮮に感じられる。
 
時は江戸時代中頃、横浜あたりのとある宿場町からこの話は始まる。
これは、ある三人の旅の話だ。

虽然无法精确判断究竟是怎样的路线,但是大致能知道,风出生在平户的生月岛,生父在岛原之乱中弃家而逃,故事最终回到平户岛上,大片的向日葵田里埋伏着最后一关的杀手。

◎ 主な登場人物
   
ムゲン(無幻):推定年齢20才。男性。琉球にある孤島の出身の剣士。獣の様な風貌が特徴。女好きで柄が悪く、傍若無人な言動が目立つが、驚異的な身体能力と直感を持つ。剣は力押しの我流。相手が強い程、燃える好戦的なタイプ。幼い頃から、頼れる者もおらず、大勢の人々から虐待と裏切りを受け続けた孤独な過去があり、自分が実感したことしか信じず、ひたすら強さを求め続けている。外見や言動とは裏腹に、意外と女性にモテる。
   
ジン(仁):推定年齢20才。男性。訳あって伊達眼鏡を掛けている。かつて、全戦無敗を極めながらも、歴史的な記録を残さずに消えた剣客の一番弟子だったが、ある事件を機に、流浪の身となる。性格はムゲンとは対照的に、かなり理性的かつ冷静沈着で、感情の起伏も少ない。口癖は「うむ……」。刀を交えなくても相手の太刀筋を見切り一撃で倒す程の腕前。「自由とは何か」を模索している。物事に無関心に見えるが、色事には人並の興味はある様子。
  
フウ(風):推定年齢15才。女性。「向日葵の匂いのする侍」の手掛かりを求めて、数多くのバイトをしていたが、ムゲンとジンとの出会いを機に、彼らを用心棒にして旅に出る。袖にボディガードとしてモモンガの「モモさん」を飼っている。天涯孤独の身でありながら、性格は割と明るく叙情的、世話好きで好奇心旺盛。華奢な外見からは想像もつかない程の大食いで、限界を超えると「お相撲さん」になるが、すぐに元に戻る。ムゲン曰く「軽いバケモノ」。

本文由vnsr威尼斯城官网登入发布,转载请注明来源

关键词: www.3410.com